若年性乳がんのほほん闘病記

アクセスカウンタ

zoom RSS 妹まるからの伝言 その2

<<   作成日時 : 2011/01/14 00:45   >>

トラックバック 0 / コメント 14

姉から聞いた話を、妹の私なりにまとめております。
いつもと違う文体ですので、ご了承くださいませ。


*********************************


免疫治療は全6回だが、その内の2回をメイン病院に入院して行なった。
それは、まず入院してみてどんな状況になるか様子を見たかったからだ。


医療費、交通費を考えてみると、現実は大きく違っていた。
大学病院側からも「よっぽどのことが無い限りは通院治療で」とのこと。
私も納得し、そうすることにした。


実際に通院をやってみたら大変そうではあったが、意外とアッサリでき、
こちらの方が都合の良いこともあったので、結果OK
1回試して大丈夫だったので、残りの3回もやるつもりでいたが、
また新たな問題が起こってしまった


順調に5回目まで通院していたのだが、
5回目が終わった翌日、実家に帰り、目が覚めた途端、
体調がガクッと悪くなってしまった。
また以前のように身体のあちこちが痛くなってしまったのだ
これでは十勝から札幌まで通院することは困難。
振り子特急に揺られながら通院することはできない。


十勝の主治医に現状を伝えた。
結局、入院するしかないということになった。
あと残り1回の免疫治療を残念ながらストップ。
呼吸困難、痛み、吐き気のコントロールを目的とした入院を選択した。


私としては、とても残念だったが、
今やらなくてはいけないことは、生きること。
まずは治療に専念しなくては


コントロール治療により、体力が戻って来た場合は、
抗がん剤「アブラキサン」を開始する予定。
先々について不安はあるが、まず主治医の言葉を信じてやってみよう!


全てのコントロールという目標が簡単に達成できるわけも無く、未だ入院中。
良くなってみたり、悪くなってみたり。
食欲が出てきたなと思ったら、眠気が出てきたり。
ちょっと起きていたいと思っても眠くなり、眠たい時には寝られず、
思ったようには行かない


今、一番辛いのは痛み。
痛みはかなり辛く、何をやるにも付きまとう。
麻薬を使って痛みを抑え、日常生活においてやれることをやっている。
少しでも本来の生活ができればと、先生達も必死に動いている。


結論は分からない。ただ、今私に出来ることは、
痛みと闘いながら、痛みのコントロールをし続けること。
呼吸困難と闘いながら、呼吸のコントロールをし続けること。
これから新たに始まるアブラキサン。
未知なので、今もっとも恐ろしいかもしれない・・・


先月入院してまもなく、頭の放射線治療も行なった。
小脳の全脳照射、全10回。
大きな障害もなく、微熱が出ただけで無事に終えた。
ただ、副作用で髪の毛が抜けてしまった。
それに合わせてヘアカットし、怪しいスタイルに
そのうちアブラキサンをしたら、もっと怪しくなるだろう・・・
そう思い、T型のカミソリを用意した。


3度目のスキンヘッド。これはいつやろうかな・・・
今回の入院で床屋に2回も行った。
抜ける髪に対応したが、スキンとなると自ら仕上げよう

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
まるさんありがとうございました。橘椿さんがいつでも前向きにがんばっていることが伝わってきました。痛みのコントロールが上手くいき次の治療が劇的効果があるよう心から祈っています。
まさえ
2011/01/14 21:52
まるさんブログの更新ありがとうございます

橘さんの前回のブログから気になって毎日のぞかせて頂いておりました
私は橘さんが快方に向かうよう祈ることしかできません

食事が沢山食べられるよう、睡眠が取れるるよう、痛みがとれるよう、薬が劇的に効くよういつも祈り応援してます




埼玉のたえぶー
2011/01/15 00:48
橘さん妹まるさんこんにちは!

今年は例年以上に寒さが厳しく東京でも毎日寒い日が続いいます。北海道では尚更でしょうね。
痛みと闘いながら橘さんが頑張っていらっしゃるお姿
を拝見して痛感致しました。
今後も無理をなさらずに頑張り過ぎずにお身体を御自愛なさって前進して下さい。いつまでも応援させて頂きます。
こころ
2011/01/15 13:42
まるさん、橘さんの様子がずっと気に掛かっておりましたので、更新を有難うございました。
お姉さま、頑張られていらっしゃる事が痛いほど分かりました。
アブラキサンで、著しく効き目が上がり体が楽になって行きますようにと、祈ります
meru
2011/01/16 16:51
まるさん、更新ありがとうございます!!

椿さんも痛みと闘いながらもがんばっているんですよね。
うまく言葉になりませんが、ほんとうにほんとうに遠い福岡からいつも気にかけています。
早く暖かくなるといいですね。
椿さん、春はもうすぐですよ
まき
2011/01/19 11:09
まるさん 更新ありがとうございます。橘さんの頑張りに頭が下がります。どうか痛みがやわらぎますように。。 
ユタカ
2011/01/19 19:17
まるさん、お姉様の近況を教えてくださりありがとうございました。

皆さんと同じく更新されてないと不安で不安で仕方なくなります。

免疫療法も完遂出来ず、また痛みとの闘いが続くと思うと悲しくなりますね。

今は体調不良でもアブラギサンが良く効いて 1日も早く痛みが緩和され 次のステップに進んでいただきたいと 祈っています。まるさんもお姉様のつらそうなお姿を見られるのは姉妹として 辛いと思いますが どうぞお姉様のお世話など、コロンちゃんがいらっしゃって大変でしょうが宜しくお願いいたしますュ
コブクロ
2011/01/21 01:40
まるさん更新ありがとうございます。
痛みや呼吸困難が辛そうですね。
少しでも痛みが和らぎますように。
本当に祈ることしかできませんが辛い症状が落ち着くよう祈っています。
nonmi
2011/01/21 23:49
まるさん、更新ありがとうございます。
何も更新されてない間、橘さんはどうしているだろう、痛みは大丈夫かしらと気がかりでした。
呼吸困難、吐き気、痛みとお辛い状況だったのですね。
お辛い状態が少しずつでも緩和し、快方に向かうことを祈ってます。
岩本良
2011/01/25 15:26
まるさん更新どうもありがとうございました。
橘さんは複雑な手続きをがんばりながら、たくさんの治療に立ち向かっていらっしゃるんですね。橘さんがそういられるのは、何より彼女のがんばりやさんな所がそうさせるのだと思いますが、その上ご家族がたくさんの愛情でいつも一緒にいらっしゃるからだと思います。
橘さん、痛みと呼吸が少しずつでも楽になりますように。最新の治療を施していただけますように。大変な一日の中でも、橘さんがニコっとできるそんな瞬間が毎日訪れますように。
何も出来ないのが歯がゆいですが、、、遠くからですが祈っています。
りら
2011/01/31 11:06
ご案内
健康な人でも癌細胞は毎日100万個ほど発生しています。しかし大事に至らないのは癌細胞をNK細胞(ナチュラルキラー細胞)が破壊しているからです。 しかし加齢と共にその危険度は高まります。高齢になるほどガン発生率、生活習慣病の罹患率が高くなるのは、ナチュラルキラー細胞の活性化の衰えに関連しています。高齢者の死亡原因は1/3が癌が原因となっています。
 NK細胞活性化
○玉川温泉は北投石の天然の岩盤浴が有名です。
 (http://www.tamagawa-onsen.jp/)
 健康を維持したい人達が今なお、ひっきりなしに玉川温泉に訪れています。湯治宿の予約が困難で取れないこともしょっちゅうあります。
これが本当癌に効くかどうかはわかりません。しかし、体を温めると免疫力が上がります。
カナヤ
2011/02/01 17:49
○医学博士の石原結實先生は
(http://www.ruralnet.or.jp/ouen/meibo/012.html)
「薬はいらない体を温めれば病気は治る。」という著書を沢山執筆されています。
○また岩盤浴のような設備が生活習慣病の症状改善に効果が高いことを、
日本岩盤温熱医学研究会、会長 岡山大学大学院保健学研究科の上者(じょうじゃ)郁夫教授の研究グループが明らかにしています。
熱刺激で誘導された熱ショックタンパク質(HSP)が好作用を及ぼした影響を挙げ、体が温まって血流が促進され、代謝が亢進したことが大きいと分析しています。(http://www.salasala-k.com/index.php?warm)
○森林浴という言葉をご存知でしょうか。
日本衛生学界 森林医学研究会の論文では
(http://forest-medicine.com/pdf/anti-aging.pdf)
(http://www.fo-society.jp/forest-medicine/)
森林浴でヒトNK細胞数および細胞内の抗癌たんぱく質の増加をもたらし,NK活性を上昇させることが明らかとなった。と書かれています。
(http://www.ffpri.affrc.go.jp/labs/kouho/Press-release/2006/therapyNK070323.html)

カナヤ
2011/02/01 17:50
私共(本社岡山市)は岩盤浴と森林浴(薬草・ハ−ブ浴)をあわせた岩草浴という設備をご家庭向けに開発いたしました。(http://www.gansouyoku.jp)
○ご興味のある方は kanaya@gansou.jp までご連絡ください。 担当 金谷(かなや)
株式会社 彩虹 グル−プ 岩草社 
〒701-2141 岡山市北区牟佐39番地
TEL 086-229-1826 FAX 086-229-3335 携帯090-7129-1826
mail kanaya@gansou.jp URL http://www.gansouyoku.jp
カナヤ
2011/02/01 17:50
椿さん、その後体調はいかがでしょうか?
まるさん、また落ち着きましたら椿さんの
近況をお知らせくださいね。
よっちん
2011/02/03 21:37

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
妹まるからの伝言 その2 若年性乳がんのほほん闘病記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる