若年性乳がんのほほん闘病記

アクセスカウンタ

zoom RSS 『おまけ編』その16

<<   作成日時 : 2010/02/20 23:54   >>

トラックバック 0 / コメント 25

あれから二週間が経ち、脳外科受診。


CT検査をして頂いたが問題なし。
傷口を診てもらったが、とてもキレイとの事。
抗がん剤治療のOKが出た。


翌日、一ヶ月と三週間ぶりの抗がん剤。


久しぶりに化学療法室を訪れる。
ドアを開けると、四人の看護士全員が入口付近に固まっており、
一斉にこちらを見た。
いつもならば、入口付近は一名、
残り三名は各患者さんのところにいるのでこんな事は滅多にない。
四人の看護士さんに見つめられ続けると、
急に恥ずかしくなり待合室へ逃げ込んだ。
本日の服装を褒めてくれた看護士さんが、なぜか私に続いて待合室へ。
あまりにも褒めて下さるので、手編みのマフラーを紹介してみる。


画像



私:「このマフラー、私が編んだんですよ」
看護士A:「え〜ちょっと見せてもらっても良いですか
私:「どうぞ」


最初手にとって見ていたのだが、
マフラーを持ったまま他の看護士さんへ見せに行ってしまった。


看護士A:「これ、橘さんが編んだんだって〜」


私は、その間に血圧計測。


マフラーが手元に戻り、採血タイム。


看護士B:「マフラー、どの位で編んだのですか
私:「二日間です。同じ編み方を只管すれば良いので、
初心者の私でも何とか編む事が出来ました」
看護士B:「でも、これ変わってますよね
私:「フリルテープという名の毛糸で、ただ編むだけでフリルになるんです。
売っていそうで売っていないので、自分で作ってみました」
看護士B:「このマフラー、この辺に置いておいたら駄目ですよ。
誰かが持って行くかもしれない。もしかしたら、首に巻いちゃうかも
私:「白衣の上にマフラーを巻いていたら、目立っちゃいますね〜」


お喋りしている間に採血終了。


ポケベルが鳴るまでに30分ある。
その空き時間を使って、医療相談室へ顔を出した。
いつもお世話になっているケースワーカーに、先日の入院費について尋ねる。


私:「突然すいません。お時間大丈夫ですか
ケースワーカー:「ちょっとであれば大丈夫です。
実は、橘さんが今日来てくれたらいいな〜と思っていました」
私:「そうなのですか
ケースワーカー:「橘さんの外来予定をチェックしていて、
今日病院にいらっしゃるのはわかっていたんです。
気持ちが通じて良かったです」
私:「良かったです、顔を出してみて」
ケースワーカー:「まず、ご用件をお伺いします」
私:「先日、脳外科に入院していたのですが、
退院する時高額療養費の最初の上限額を払わされたのです。
既に四回目以降の多数該当の筈なのですが、外来と入院は別だと言われて・・・」
ケースワーカー:「外来と入院では扱いが別なので、
取り合えず最初の上限額を払って頂き、
後日、役場で手続きして頂ければ差額が戻ってきます」
私:「わかりやすく説明して頂いて、ありがとうございました。
病棟事務の方からは『外来と入院は、一緒にならない』の一点張りだったので、
その仕組みを聞いて納得出来ました」
ケースワーカー:「申し訳ございません」


親切なケースワーカーは、丁寧に説明してくれただけでなく、
説明不足の医療事務の代わりに謝罪までしてくれた。


私:「脳外科へ入院した月に外来で脳外科に掛かった場合、
医療費は合算出来るのでしょうか
ケースワーカー:「出来ません。
ただし、それぞれ21,000円以上掛かった時には合算出来ます」
私:「そうですか、ありがとうございます。
ところで、ケースワーカーさんのお話はどんな事でしょうか


数枚の用紙を出して説明してくれる。


ケースワーカー:「実は、障害年金についてご説明したかったんですよ。
ご存知ですか
私:「聞いたことはありますが、詳しくはわかりません」


以前、△△病院のソーシャルワーカーから話を聞いたことが一度有り、
卵黄先生に話してみたがあっさり却下された。
色んな条件をクリアして初めて申請出来る。
そこから、障害度合いをみて審査されるのだ。
必ずしも受給出来るとは限らない。
主治医に書いて頂く診断書は、7,500円掛かるとの事。
結構、お高い


ケースワーカーから、主治医に障害年金に申し込みたいことを伝え、
自分が対象になるのか確認するよう言われた。
私としては、先生の手を煩わせる前に、
そもそも自分が申請出来るのか調べたいと思う。
面倒な作業になりそうだが、時間と体調が良い時にでもやってみよう。


丁度話が終わった頃、ポケベルが鳴った。
早速、外科外来へ。


私:「こんにちは〜」
NEW主治医:「スゴイ回復力ですね
私:「そうですか
看護士:「うん、回復してる」
私:「お陰様で、手術の合併症はありません。軽い髄膜炎にはなりましたけど」
NEW主治医:「術後の症状ですね」
私:「脳外科って、なぜ四人しか医師がいないのでしょう
NEW主治医:「橘さんは、たまに返答に困ることを言われますね」
私:「いつも思ったことをストレートに先生にぶつけているので、
そういう事もあるかもしれません」
NEW主治医:「外科は暇そうですか
私:「そういう風には思っていないのですが、外科には十四名の医師がしますが、
脳外科はたった四名。
外来・回診・手術・救命を四名でこなすのは大変だと思ったものですから」
NEW主治医:「投書箱があるので、どうぞ書いて入れて下さい」
私:「一患者の私がですか
NEW主治医:「はい」


どこの病院にも投書箱はあるが、未だかつて投書したことは一度も無い。
たった一人の私の意見が汲み取られるかはわからないが、
機会を見て投書してみよう。


私:「脳外科は、医師の人数が少ないからなのか、
患者の状態を全ての医師が把握されているみたいなんです。
昨日、脳外科でCT検査を受けようとしたところ、偶然、脳外科主治医ではない
脳外科医師にお会いしました。
そうしたら、私の退院後の体調の事までご存知で、心配して下さっていたんです」
NEW主治医:「医師同士、情報を共有していますからね」
私:「看護士さんもスゴイんです。用事があったので、名乗らずTELして
聞きたいことを聞いた後切ろうとしたら
『もしかして、橘さんですか声でわかりますよ』
と言われました。まだ、脳外科に掛かって二ヶ月も経っていないのに・・・」
NEW主治医:「絶賛ですね」


脳外科チームの素晴らしさを、つい熱くなってNEW主治医に話してしまった


NEW主治医:「橘さん、爪どうしたんですか


突然のお言葉に大爆笑。


私:「あ〜っはっはっはっはっ
同性である看護士さんに指摘されることがあっても、
先生に聞かれるとは思いませんでした」
NEW主治医:「だって、前からしてましたか
私:「いいえ、していません」


Jちゃんネイルを思い出し、気分転換を図って自分なりに指先を飾ってみた。
まさか、NEW主治医に発見して頂けるとは思っておらず、ビックリが先に来る。


私:「ネイルサロンへ行く余裕が無いので、自分でネイルしてみました」
NEW主治医:「自分でされたのですか
自分でそこまで出来るなんてスゴイですよ
以前、そういったお仕事をされていたのですか
私:「いいえ、全く違う仕事です」


前回は私のキャラについてお話され、今回はネイル。
NEW主治医が、少しずつ私と向き合って下さっている気がして嬉しくなった


私:「そろそろ全身検査の時期だと思うのですが」
NEW主治医:「頭は、脳外科で診てくれると思うので、
CTと骨シンチの検査だけで良いと思います」
私:「よろしくお願いします。それと、脳手術をすることなり
インフルエンザの予防注射をキャンセルしたのですが、もう大丈夫ですか
NEW主治医:「良いですよ。必要書類は、ありますか
私:「はい」


白血球は3300と、暫く抗がん剤治療していないわりに低い数値だったが
ナベルビンを決行。
また、私の身体の中に抗がん剤が巡って行く・・・


自宅へと向かう車中で、
本日の出来事について母と弟に話すと二人共驚いていた。
医療スタッフの温かさに。


母:「先生も看護士さんも、皆でがん患者を盛り立ててくれているのね」
弟:「今まで看護士に良いイメージが無かったけど、本当にそんなに優しいの
看護士に対する見方が変わった」


入院中、医療スタッフの方々には感謝の連続だったが、
外来でも皆さん揃って励まして下さっているように感じた。
骨や脳に転移し、今となってはステージWの乳がん患者だけれども、
これからも陽気に自分らしくありたい

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(25件)

内 容 ニックネーム/日時
((・´ω`・))(【GOOD MORNING!!】

NEW主治医の「スゴイ回復力ですね」の言葉が嬉しいですね。CT検査も問題なしで本当に良かったです。
皆さん揃って励まして下さる素晴らしい医療スタッフの方々に感激致しました。
これからもきっと橘さんを支えて下さると思いますよ。
もう直ぐそこに春が芽を出しています。
春の光に向かって頑張って行きましょうね。
いつまでも応援していますよ。
こころ
2010/02/21 09:03
すご〜い
椿さんって、手先が器用なんですね。

これは、売れますよ

髪がないと、首元が寒いじゃないですか。
だから私は、いらなくなったトックリの首元を切り取って、前後長めのネックウォーマーを作って…って、作ってないですよね

でもコレ(睡眠用)、めちゃくちゃ爆睡できるんですよ。リンパ球の増殖に役立ってること間違いなし。スピードスケートのウェアみたいに頭まであるともっと効果があるんじゃないかなと思います。

椿さん、帽子を作られるお友達とコラボなんていかがでしょう。「リンパ応援帽一号(Go!)・二号(Go!)…五号(Go!Go!)…」とか
ぷよこ
2010/02/21 14:10
こんばんは〜
CTの結果、何ともないようで良かったね☆頭痛は良くなってるのかな?
それにしてもやっぱり橘さんは手先が器用だし、センスがいいなぁと思いました
今通ってる病院のNew主治医も、脳外科の先生も看護師さんもみんな感じの良い方達のようなので、しんどい治療も楽しい気分で過ごそうね〜
ゆき
2010/02/21 20:43
こころさん、いつも応援ありがとうございます。
脳に関しては、今のところ問題無しということで安心しました。
一時は、大騒ぎだったので
NEW主治医からあのようなお言葉を頂けたのですから、きっと通常よりも回復が早いということなのでしょう。
何はともあれ良かった良かった
もう、春ですか〜
一年ってあっという間ですね。
明るく楽しい時がやってくるのを
心待ちにしています
橘椿
2010/02/22 00:03
ぷよこさん、こんばんは
リベンジマフラーをお褒め下さり
ありがとうございます。
ニット物は大好きなのですが、性格上ついキツク編む傾向があり、中学以来久しぶりに編み棒を触りました。
店頭に飾っていた作品に心奪われて
不器用な私でも出来てしまう不思議な毛糸なんです。元々職人気質なところもあるので、只管編み続けたら二日で完成しました。
出来た時は、何だか達成感に包まれましたよ
ぷよこさんも、手作りにチャレンジされているのですね。爆睡出来るのですか
不眠がちな私にピッタリ。
丁度、買い替えようと思っていたタートルがあるんですよ。二代目を購入したら、真似してみますね
橘椿
2010/02/22 00:15
ゆきさん、こんばんは〜
以前は一日の半分以上寝て過ごしていましたが、最近では頭痛の頻度が減り、咳やくしゃみ、大声を出したり、頭を下げるような行動をしなければほぼ大丈夫な感じです
手先を褒めて下さいましたが、
私は大雑把で不器用な人間ですよ〜
最も関わる時間の多いNEW主治医が、やっと心を開いてくれたような気がします。
(ただの慣れでしょうか
変わり者の私ですから、先生も最初は驚かれたんじゃないかな
脳手術は、本当に怖かったけれど、親しみやすい脳外科メンバーと出会うことが出来て良かったと思っています。
何より、脳の専門家に一生脳を見続けてもらえるということも安心に繋がっていますしね。
自分の機嫌を取りながら、
出来るところまで治療を続けたいです。

今日は、平成22年2月22日。
ゾロ目好きなんですよね〜
素敵な一日になりますように
橘椿
2010/02/22 00:42
橘さん、お元気そうで何よりです先生や、看護師さん達も驚かれるほど、凄い回復力なんですね〜〜。それは、本当に喜ばしい事です

手編みのマフラー凄く素敵ですね〜〜。橘さんはなんでもお出来になるのですね〜。男性の先生に、爪まで観察されていたなんて〜〜驚かれたでしょう
そう言って、何でも思った事や感じた事を口に出して、気持を盛り上げて下さる病院の方々に感謝ですね〜〜橘さんは、本当に(前の卵黄は別として)今は良い環境のもとで治療に専念出来て良かったですね
まだまだ、寒さが続きますが、どうぞお身体ご自愛下さいね
こぶくろ
2010/02/22 19:02
橘さん、こんばんは。
おまけ編16、待っていました

何にしてもお元気そうで何よりです!
素晴らしい回復力のようですし
無理せずマイペースで頑張ってください

それにしてもいい病院、いいスタッフに恵まれたようですね
とても大事なことだと思います
以前つらい目にあわれたぶん、これからはいいことばかりですよ

私も数年前、年末から年始を病院で過ごしました
その時は怪我でしたが、色々調べていくうちにあちこち
異常が出てきて
救急で運ばれた時は傷口だけ5センチ縫われて終わりでしたが
後から調べたら鼻骨やら眼か底やら骨折だらけ。。
いまさら言うなよ。。で。

手術も10時間以上かかって・・何をしていたんでしょう??
今でいう看護士さんも不親切でしたね。。
一部を除いては本当に。。
都内の有名私立病院で評判自体は悪くなかったんですが
行ってみなければわからないですね。。

あ、ごめんなさい。。自分のことをダラダラと。

いいスタッフの方にめぐり合えて本当に良かった!ということを
伝えたかっただけなのに。。

寒い日が続きますが、風邪などひかぬようにご自愛ください
またお邪魔させていただきます

ぱぱる
2010/02/23 01:09
こぶくろさん、こんばんは〜
いつもならば椅子に座るまでこちらを見ないNEW主治医が、あの日だけは診察室に入った時点からずっと凝視されていたんですよ
脳手術の後の症状をとても気にされていましたし、即チェックして下さったのでしょうね。
「スゴイ回復力ですね」と言って頂けて、とても嬉しかったです。
ネイルの件は本当に驚いてしまって、私の方が無口になってしまいました

今日の女子フィギュアSPは、
ご覧になりましたか?
最初は、真央ちゃんを応援していたのですが、キム・ヨナの007があまりにも可愛くて今では両者を応援している私です
橘椿
2010/02/24 22:23
ぱぱるさん、更新を待っていて下さったなんて
とても嬉しいです。
ありがとうございます
現在の病院は、田舎ならではの温かさなのか皆さんとても親切でホッとします。
期限の無い辛い治療内容ですし、人とのふれあいもまた免疫力アップに繋がる気がしますね
最近知ったのですが、元主治医(卵黄先生)が札幌市内の病院で再び外科医として勤務し始めたようです。科は全く違うんですけど・・・
ちょっと、ショックでした

ぱぱるさんの行かれた病院では、最初にレントゲンとかCT検査しなかったのですか?
検査もしないで10時間の手術、考えられません。
病院の評判って、
誰を基準にしているのでしょうね。
私が以前いた病院も、
決して評判は悪くないそうです。
私が過去学んだことは、医者任せにせず自分から積極的に語りかけていくこと。
自己防衛。
他の医師の意見も聞いてみること。

奥様の体調は、如何ですか?
よろしくお伝え下さいませ
橘椿
2010/02/24 22:53
椿さん、アドバイス本当にありがとうございます!!
同じ病院内で担当医を変えるのはちょっと難しい環境ですね〜。
私の主治医が乳腺のドンで副院長なんですけど、たまに手が回らないときはその下の若い先生が診てくれる時は何度かありました。
その先生の方が聞きたいこと、言いたいこと話やすくていいんですけどやっぱりね…。

まぁ私も結構毒舌で言う時は言う方ですから…いつか主治医にぐさっと行く時があるかもしれないですね(笑)
看護師さんたちはとてもいいかたばかりだし病院の雰囲気も好きだから変わりたくはないんですけどね。

もうちょっとがんばってみます

椿さんの術後の経過もよいようで安心しましたよ。
早速抗がん剤治療の復活ですね。
無理しない程度にですよ〜
まき
2010/02/25 11:46
椿さん、おはようございます

順調に回復しているようで、なによりです

私の主治医は私より年下で頼りないんですが、すごく優しくちゃんと話しも聞いてくれるので、主治医を信頼して今は頑張っていきます

婦人科で子宮がん検診の結果を聞いてきました
頸がんは異常なしでしたが、体がんの疑いありで組織診をおすすめします。との事でした 卵巣も腫れていてかなりショック・・・
昨日MRIを撮ってきて、再来週結果を聞きに行ってきます 
結果を聞くまで不安な毎日ですが、あまり考えずに穏やかに過ごします

PS:まきさんとニックネームが一緒になってしまったのでmaki→舞希に変えますね
maki
2010/02/26 09:23
コメントをしてから、まきさんと一緒だから変えますねって、結局 舞希(まき)ですよね

ではではぜんぜ〜ん変更して『プリン』にしま〜す
治療が一段落着いたら飼う予定でしたが、飼えそうにないので自分のニックネームにします

ややこしくしてって←これ名古屋弁ですか〜すみません
舞希
2010/02/26 09:44
橘さん、こんばんは〜〜(*^_^*)

女子のフィギュアは本当に男子には悪いけれど、盛り上がりましたね〜〜。

見ていました〜〜、私ももうオリンピックのフィギュアには、テレビに釘付けでした(*^_^*)

やっぱり、真央ちゃんの方が愛らしくて好きだけど、
ユン ソナの演技は本当に素晴らしかったですね〜〜。二人とも同じ19歳なんて信じられないぐらいの集中力とプレッシャーの中、本当に頑張っていましたね〜〜。3位になった選手の人のお母様が、2日前に病死されたとか…。そのような精神状態の中、銅メダルを取られ、本当に凄いな〜〜って感心させられましたね〜〜。

私なんて、真央ちゃん達の倍近く生きてきてるのに…本当に、見習わなければいけませんね〜〜と思いましたよ

又4年後に真央ちゃんや、ユン ソナとかどのように成長しているのか楽しみですね〜〜
こぶくろ
2010/02/27 21:51
お久しぶりです!
橘さん、ほんとに素敵なマフラー♪フリルテープって言うのですね
初めて聴きましたが、これから流行りそう
NEW先生は良い感じの先生のようで、良かったですね〜
やはり、信頼できる先生の元で、治療を進めて行きたいですものね。^^

障害年金、該当して申請が通ると助かりますよね。初診日が厚生年金に入っている時だといいのですが。
最初の手続きが肝心なので、成功報酬でなさっている社労士さんに相談するのも一つの方法だと思います
meru
2010/02/28 18:01
橘椿さん、はじめまして。突然の書き込みすいません。
一昨年、泌尿器系のがんで手術・放射線治療後、経過観察中の札幌在住20代後半の者(男)です。
札幌で最初の手術・発病時期も近く放射線もちょうど同じ頃にされていて、年齢も近いので拝見させてもらっていました。
橘椿さんのブログにいつも励まされています。
「スゴイ回復力」ということで私も嬉しく思っています^^
いつでも陽気に自分らしくという姿勢。
私も見習いたいと思います
どさんこ
2010/02/28 19:29
まきさん、こんばんは〜
主治医は、乳腺のドンでしたか
それはそれは・・・
若い先生が診て下さることもあるなら、かえって色々聞けて良いような気がしますがどうでしょうか
看護士さんも優しい方ばかりで、環境も良い病院ならこれまで通りお世話になりたいですね。
不安に思っていることを伝え、少しでも解消されることを願っています。
色々あると思いますが、
一緒に頑張って行きましょうね
橘椿
2010/03/02 00:48
makiさん、婦人科検診お疲れ様です
私も、抗がん剤終わったばかりの頃の婦人科検診で、頚がんは大丈夫でしたが、体がんは異常の数値が出た記憶があります。
卵巣は、小さく縮まっていると言われました。
抗がん剤治療で生理も止まってしまうし、色んな影響があるのだと思います。
あまり深刻にならないで下さいね
makiさんの主治医は、お若い先生なのですね。
羨ましい〜
イケメンですか
優しい先生でしたら、
毎度の診察も少し楽しみになりますね
お名前の件ですけど、今まで通り『makiさん』で良いのではありませんか
読み方が同じでも、違いがわかりますから。
検査結果が出るまで、
心穏やかにお過ごし下さいね
橘椿
2010/03/02 01:03
meruさん、お久しぶりです。
最近どうされているかな〜
と気になっておりました。
手編みマフラーをお褒め下さり、
ありがとうございます。
冬は、何かと黒くなりがちなので、マスタードカラーをワンポイントにしています
NEW主治医は優しいですが、以前は冗談を言う方ではなかったんですよ。徐々に素を出して下さっているのか、それとも私に合わせることにしのか・・・
しんみりと診察室を出るよりも、大笑いして笑顔で治療を乗り切る方が身体にも良さそうですしね
障害年金のお話が再び出て来ました。
今回は、少し真剣に調べてみようと思います。
働けない現状の中、エンドレスの治療。
医療費は、これからも掛かり続けます。
該当すればとても助かりますからね。
良い結果が出ることを期待します
橘椿
2010/03/02 01:18
どさんこさん、初めまして
コメント頂き、ありがとうございます。
やはり若年性の癌で闘病されているとのこと、
色々ご苦労されて来たのでしょうね。
まさか、自分が20代で癌になるなんて想像も出来ない事件ですからショックも大きかったと思います。
順調に治療され、現在は経過観察中でいらっしゃるのですね。
良かったです
近しく思って下さって頂いているなんて、
とても嬉しいです。
その時その時気持ちに変化があり、凹み気味のこともあると思いますが、持ち前の客観視で乗り切れたらと思っています。
また、是非遊びにいらして下さいね
橘椿
2010/03/02 01:31
こぶくろさん、こんにちは〜
オリンピック終わってしまいましたね。
男子フィギュアは、初メダル
女子フィギュアは、初出場で初メダル獲得
どちらもスゴイ記録だと思いました。
キム・ヨナは、敵国ながらあっぱれ。
パーフェクトな演技は見事でした
文句無しのゴールドメダル。
彼女は、今回のオリンピックで引退との噂を耳にしていますが、今後も幅広い活躍を期待しています
橘椿
2010/03/02 11:43
橘さん、こんばんは〜!
皆さんも書いていますけれど、マフラー、本当にかわいいです
フリルテープなるものがあるとは初めて知りました。
手芸の世界は奥が深いですね!!!
体調も、少しずつ元に戻って来ているということで
とっても良かったですもっともっと具合良くなりますように〜〜〜
先生との会話などから、明るい橘さんの様子が伝わります。年金のことや、体のこと、色々あるけれど、「自分らしくいたい」という気持ちが、橘さんからは溢れてくる感じがしますよ!!!
私もがんばろうってそんな気持ちになりました
りら
2010/03/02 23:20
りらさん、こんばんは〜
過去に手編みに挫折していましたが、この度再チャレンジしてみたマフラーです。
お褒め頂きありがとうございました
ちょっと変わった毛糸ですよね。
最初とまどいもありましたが、編んでみると不器用な私の編み方でも上手い具合に隠れてくれたんですよ。
今の毛糸は、スゴイ

私は、いつもりらさんから元気を貰っています。
頭の手術した後、素敵な絵をプレゼントして頂きましたね。温かみのあるホッとするような
お守りにさせて頂いてます。
病気だからと自分を抑えず、
やりたいことを実行に移して楽しみたい
早くも三月に突入。
何かを始める良い時期ですね。
さ〜て、何をしようかな
橘椿
2010/03/03 23:18
癌患者さんに対して希望をもたせてくれる病院なんですね。
いい病院に出会いましたね(o^-’)b
諸井
2010/03/20 05:56
諸井さん、初めまして
田舎の病院ということで不安を抱えての転院だったのですが、どちらが田舎なのかわからない位設備の整った病院で、医療スタッフの方達も温かい人が多くて居心地の良い病院です。
再発が切っ掛けなのが残念ですが、今はこのご縁を嬉しく思っていますよ。
治療頑張ります
橘椿
2010/03/20 18:33

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
『おまけ編』その16 若年性乳がんのほほん闘病記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる