若年性乳がんのほほん闘病記

アクセスカウンタ

zoom RSS 『おまけ編』その10

<<   作成日時 : 2009/12/07 01:04   >>

トラックバック 0 / コメント 24

最近バタバタしており、書くことは山ほどあるのにブログ更新出来ないでいた。
とうとうタイムアップ!まる(妹)に原稿を託す。
かなり長文になるが、お付き合い頂きたい。


脳腫瘍があるにも関わらず、一度も脳外科に行くことなく過ごしていた私。
先日の全身検査で放射線治療後、若干小さくなりかけていた脳腫瘍がまた大きくなっていると聞き、一気に不安になった。
来年1月までただジーッと待てなかったので、札幌の放射線女医にTEL。
卵黄先生(元主治医)のことをよく知り、かつ、私の脳腫瘍を見つけて治療して下さった方。
何度も連絡しようと思ってはみたものの、先生もお忙しいだろうと連絡出来ず今日まで。


久しぶりに△△病院リニアック室へTELしてみた。


私:「お久しぶりです。橘です。お元気ですか?」
放射線女医:「あら〜、橘さん」
私:「すっかりご無沙汰してしまって。何度もお手紙かお電話をしようと思い、日にちが経ってしまいました。先生、今お時間は大丈夫でしょうか?」
放射線女医:「はい。大丈夫ですよ」
私:「十勝の病院へ転院してから、ポート手術をして抗がん剤治療をしています。最初はタキソールを使っていましたが、右肺に水が溜まりナベルビンに変わったんです。薬を変えたら、眉毛や睫毛、髪の毛も生えてきました」
放射線女医:「そうですか」
私:「ホルモン治療を強化して、以前から飲んでいたノルバデックスに加え、お腹の注射をしています。最初は三ヶ月に一回リュープリンを打ってもらったのですが、一ヶ月間ずっと具合が悪くなってしまって・・・」
放射線女医:「あらら・・・」
私:「それで、今は毎月ゾラデックスの注射に変わりました。ゾメタも毎月点滴しています」
放射線女医:「そうですか」
私:「三ヶ月に一回、全身検査をして頂いているのですが、つい先日の検査で脳腫瘍が大きくなっている事が分かりました。その前の検査では、4mm小さくなったと聞いていたので安心していたんです。既に放射線治療してしまいましたが、また治療する事は出来るのでしょうか?」
放射線女医:「前と同じ強さでは出来ませんが、治療出来ますよ。今でしたらハーセプチンの種類で脳まで届く大きさのお薬も出ています」
私:「そうなのですか?でも、私の場合HER2マイナスなのでそのお薬が使えるのかどうか・・・。一度、脳外科に診てもらってはと思っているのですが」
放射線女医:「今の腫瘍の大きさでは、脳外科へ行っても門前払いに合うでしょう。大きくなっていると言っても2mmぐらいですよね?」
私:「はい」
放射線女医:「行っても相手にしてもらえないと思いますよ。頭の事は、つっちー先生に全てお任せしなさい」


そうこうしている内に、放射線女医のPHSが鳴った。


私:「先生のピッチが鳴っていますね」
放射線女医:「はい。それでは取り合えず一旦切りますね」


その後2時間程待ってみたが、TELは来なかった。
私も一通りお話は聞いた事だし、先生もお忙しいだろう。
自分の中で放射線女医との会話は終了させた。


帯広に陶芸の師匠がいる。
師匠の友人が元北大の放射線医で、今は海外にいらっしゃるとか。
他にもいくつか聞きたい事が有りメールをすると、早速返事が来た。


“電話番号が分からないのでメールしました。大至急TEL下さい”


慌てて師匠にTELすると、お友達の放射線医が先月帰国しており、現在は札幌にいらっしゃるとの事。
今すぐ電話で話せるようにセッティングして下さったらしい。
あまりの行動の早さに驚き、感謝の気持ちでいっぱいに。


師匠から聞いた電話番号にTEL。
初対面の医師の自宅にTELするので、とても緊張した。


奥様:「はい、○○でございます」
私:「私、帯広の☆☆先生の生徒の橘と申します。初めまして」
奥様:「はいはい、伺っていますよ。気にせず何でも聞いて下さいね。それでは変わります」


友人医師:「はい、○○です」
私:「初めまして、橘と申します。この度はこのような機会を作って下さりありがとうございます」
友人医師:「えーっと、乳がんでしたか?」
私:「はい」


低音の落ち着いた声。
どこの病院で手術したのか?
どこの病院で放射線治療したのか等を聞かれた。
放射線医同士だからなのか、△△病院の放射線女医の事をご存知のようだ。


友人医師:「良い仕事してますよ、あの病院は」


再発し、十勝の病院に転院した事や、現在ナベルビン・ゾラデックス・ゾメタの治療をしている事を伝えた。
そして、今回の脳腫瘍のこと。
やはり放射線医同士だからなのか、私が現在通院する凹凸病院のつっちー先生の事もご存知だった。
先生方は、皆さん繋がっているらしい。


脳外科へ行くべきかどうかの質問をしてみると、意外な答え。


友人医師:「検査をしなければ腫瘍が大きくなった事を知らずにハッピーでいられたのに」
私:「えっ!!!それは、どういう事ですか?」
友人医師:「今現在は、めまいも吐き気も無く、ご本人にとっては何でも無い状態です。大きくなった事を知らなければ心配もしなくて済みます」
私:「・・・」
友人医師:「腫瘍は、どこにありますか?」
私:「小脳です」
友人医師:「あ〜、脳外科医が最も嫌がる場所ですね」
私:「そうなんですか?」
友人医師:「それよりも、今あなたが困っている事は何ですか?」
私:「骨の痛みです」
友人医師:「それならば、痛み止めを主治医からもらって下さい」
私:「既に飲み薬でロキソニンとモービックを処方していただいていますが、ロキソニンは胃がやられてしまうと聞いているので控えめにしています。」
友人医師:「麻薬が良いですよ。私ならドンドン麻薬を出しますね。胃もやられないし」
私:「麻薬を使って中毒にはならないのですか?」
友人医師:「大丈夫です。あなたは、主治医に痛みを訴えていないのではありませんか?」
私:「一歩外へ出ると元気に振る舞ってしまう方ですから」
友人医師:「主治医に痛みを伝え、麻薬で痛みを止める方が大切です」


色々話している内に1時間があっという間に経ち、TELを切った。
こうやって聞いてみると、先生によって仰る事に違いがあるようだ。


後日、私が通院する凹凸病院放射線科の診察を受けた。
転院前の画像と、前回・今回の画像の照らし合わせ。
前回4mm小さくなっていた腫瘍が、今回2mm大きくなったとの事。


私:「実は最近、放射線女医にTELしたんです」
つっちー先生:「そうなんですか?」
私:「脳外科へ行っても門前払いになる。頭の事は全てつっちー先生にお任せしなさいと言われました」
つっちー先生:「以前と同じ場所に、放射線はかけられません。一度小さくなった腫瘍が再び大きくなったら、後は大きくなるだけです。私の方では、何も出来ません。脳外科へ行って下さい」
私:「主治医は、私を脳外科に回したくないみたいなのですが」
つっちー先生:「先生を説得して下さい」
私:「先日のPET検査で肝臓に異常ありと出たのですが、どうでしょうか?」
つっちー先生:「肝臓ですか?水泡がありますけど、これは以前からありますし何でもありませんよ」
私:「右肺の水は、どうでしょうか?主治医から肺水腫と言われたのですが」
つっちー先生:「以前と比べるとこんな感じです。水を抜く程ではありませんね」


画像を見てビックリ!!!水の量が1.5cm以上厚くなっていた。
タキソールからナベルビンに変えたら、次第に水が減って行くとの事だったが、素人の私から見ても明らかに増えていた。


私:「凄く水が増えていますが、大丈夫なのでしょうか?」
つっちー先生:「このぐらいまでは、大丈夫ですよ」


画像の肺の部分を指し示す。


私:「ありがとうございました」
つっちー先生:「また何かあればいつでも来てください」


主治医に会う前に、三人の医師から話を聞いた。
聞けば聞くほどに脳外科で一度は診察を受けたくなる。
主治医を説得すべく、意気込んで診察室へ。


NEW主治医:「前に放射線は、かけ終わっていたんですね」


その言葉で察しがついた。


つっちー先生からNEW主治医へ連絡が行ったのだと・・・。


私:「先日、先生のお話を聞いてから家族とも話し合ったのですが、一度脳外科で診て頂きたいという事になりまして」
NEW主治医:「わかりました。それでは、脳外科部長の先生にお手紙を書きます。手術前提で」
私:「手術ですか?」
NEW主治医:「何度も手術を経験されているベテラン医師なので安心して下さい。手術で入院された場合、抗がん剤治療は出来ませんが、ホルモン治療とゾメタは出来ますので。外来に来てもらっても良いし、私が出張しても良いですよ」
私:「出張って院内ですよね?」
NEW]主治医:「そうです」


そんな流れで、ついに翌週脳外科を受診する事になった。


※只今、入院中&術後にてコメント返しが遅くなりますが、ご了承下さい。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(24件)

内 容 ニックネーム/日時
初めまして。以前から拝見しておりましたが、痛みについてのお話があったので初めてコメントさせていただきます。

家族に違う部位ではありますが患者がおりますので、痛みについて調べたり、医療関係者から教えてもらいました。

どうぞ痛みは我慢せず、どんどんおっしゃって下さい。今は痛みについて、がんの治療に関わる医療関係者はきちんと取り組まなくてはいけません。痛みの伝え方にはいろいろあります。マックス10としてこれくらいとか…病院にはそういう小冊子などないでしょうか?

そして痛みのある方に麻薬系痛み止めを使っても中毒にはならないという事です!どうぞ痛みをなくして、ますますの前向き&明るい橘さんでお過ごし下さい。
ひな母
2009/12/07 12:29
橘さん、ブログを更新されるまでの期間、お元気にされているのかしら?と思っていましたが、大変だった様子が、とっても良く伝わりました。現在も、きっと脳外科で手術されて、入院をされているのでしょうね…。でも、思い切って、先生方に相談されてみて、結果的には良かったんではないでしょうか?来年まで持ち越しになるとういのは、非常に精神的にもお辛いものですものね。あと、私が思う事は、無事に手術が済んで、悪いところを取って頂いて、その後の橘さんのお身体が順調に回復される事を祈るのみです。
とっても、長い文章を、わかりやすくまとめていただいていて、大変良くわかりました。代わりに打って下さってくれた妹さんのまるさんに、どうぞ宜しくお伝え下さい。1日も早く、橘さんの身体が回復されて、心も体もすっきりとされて、お元気でお正月を迎えれることになればいいなぁ…と遠い大阪の地から願ってやみません。橘さん、ファイトですよ
こぶくろ
2009/12/07 12:46
前回の日記から、ずいぶん展開があったのですね
手術を受けられて、今は落ち着かれた頃でしょうか?
しかし、患者側が色々手を尽くして動かないと、最善の治療が受けられないのかな〜と考えさせられました。
橘さんの頑張りが功を奏して、お正月をご家族の皆さんと笑顔で迎えられますようにと祈ってますからね
お返事などお気になさらずに、ゆっくり養生なさってください。
meru
2009/12/07 17:51
(★´・ω・`)ノ【こんばんわ】ヽ(´・ω・`○)

前回のブログ『おまけ編』9で脳外科受診が来年との事で橘さん同様に私もとっても不安で如何なさったのか気に成っていました。
その後は色々大変でしたね。でも翌週脳外科を受診される事になられて良かったと思いました。
これから入院&術後で大変ですがきっとお正月はご家族の皆さんと笑顔で迎えられると信じて祈っていますね。そして頑張り過ぎずに少し頑張って下さいね。
こころ
2009/12/07 19:41
急な展開で、驚いております。
ブログだけなので、橘さんの詳しい現状は分かりませんが、本当に脳腫瘍の手術をされるんですか?心配です。
担当医から術後の合併症や今後の事(原疾患の今後の治療予定など)など、十分に説明を受けてくださいね!
桧彩子
2009/12/07 21:21
椿さんこんにちわ!!

慌しい展開でしたね。
ということはもう脳の手術を終えたということなんですよね?
術後の経過が順調なことを祈りつつ、また元気な椿さんからの報告があることを心待ちにしております。

本当に先生によって治療法も考え方もいろいろなんですよね。
私もときにこれでよかったのか?と不安になることもないわけではないですが…後悔している場合ではないですものね。

応援していますよ
まき
2009/12/09 15:38
ひな母さん、初めまして。
かなりお返事が遅くなってしまい、
申し訳ありません
以前からブログを読んで下さっていたのですね。
ありがとうございます

近頃では今までの痛み止めが効かなくなったので、試験的にボルタレンというお薬を飲むことになりました。麻薬ではないけれど、麻薬に近いお薬だとの事。
様子をみて、麻薬を使うおつもりなのかも・・・

中毒にならないのなら、麻薬で痛みを取り除いて頂けたら楽ですよね
主治医に現状を率直にお伝えしながら、
治療に励みたいと思います。
参考になるお話ありがとうございました
橘椿
2009/12/23 22:14
こぶくろさん、お返事が大変遅くなりました。
申し訳ありません
色々有り過ぎて更新出来ずにバタバタと入院していまい、手術。胸の手術時とはまた違ってかなり大変なものでした。
まる(妹)の協力があって、何とか現状をお伝え出来たので安心して入院することが出来ました。
毎度ながら、家族って有り難いな〜と思っております

やっと退院し体調も戻って来たので、お陰様でコメントを書くことが出来ました。
クリスマスもお正月も、自宅で過ごす事が出来るので、ホッとしています
ご心配お掛けしました〜
橘椿
2009/12/23 22:34
meruさん、ご無沙汰しておりました
沢山の事を一つにまとめたので、読み辛かったのではと、ちょっと心配になりましたが、手術のことや入院中の出来事も今後お知らせしたいという気持ちがあり、まる(妹)に託してみました
まるに原稿を託したのは、術後三日目です。
術後二日目と三日目に、リハビリと思い休み休み原稿を書きました。
自分で色々動き回った結果の手術。
何だか不思議ですが、腫瘍をキレイに取り除き後遺症などがなければOKですから
まだまだ、頭痛に悩まされている最中です。
年明けには、スッキリしてくれていると信じていますご心配お掛けしました。
橘椿
2009/12/23 22:51
こころさん、ご心配お掛けしておりました無事退院することが出来、現在は自宅です。
なぜか、乳がん時の入院より短期間なのがとても不思議ですが、先生サイドでは予定通りとの事。
何もかも、慌しく過ぎて行きます
まだ体調が落ち着かない面が多々ありますが、ゆっくりと戻して行けたらと思っています。
明日は、クリスマス。
年末年始もありますし、楽しむ時間を過ごせることで元気になれたら良いですね
橘椿
2009/12/23 23:01
桧彩子さん、驚かせてしまい申し訳ありません。自分自身もあまりに急で、驚いている状態です
脳外科での診察は、手術するのかしないのか問われるものでした。(後日、お知らせします)
何だか、あっという間でしたね〜
色々考える時間もあまりありませんでした。
やっと自宅に戻って来ましたが、色んな症状が出て来て救命救急センターに電話。
明日は、診察の予定。
何が原因なのか、
突き止めて頂きたいと思っています
橘椿
2009/12/23 23:11
まきさん、応援ありがとうございます
やっと退院して参りました。
本当に慌しい。
さすが、師走
以前の私なら、先生の言葉通りボーっと次の検査まで待っていたと思いますし、積極的に主治医以外の先生達と接触を持つことはなかったと思うんです。
卵黄先生の一件があって、全て医師任せでは駄目だと学びました。その経験がこんなところで生かされるとは・・・
人生無駄なことは、無いのですね。
詳しくは、また後日ブログでお知らせしたいと思います。ご心配お掛けしました
橘椿
2009/12/23 23:20
橘さん、大変でしたね〜〜。お疲れ様でした、そして無事に退院出来て、クリスマスもお正月もお家で過ごされる事が出来て良かったですね〜〜毎日覗いて見てたのですが、今日、お返事を書いて下さったのを見て、本当に安心しましたし嬉しかったです  痛みの方は、まだ続いていらっしゃるんですね〜。ボルタレンは、かなり強い痛み止めなので、それで痛みが緩和されると良いですね。  退院されたばっかりで、まだお疲れでしょうから、橘さん、無理をせずに、ゆっくりとお過ごし下さいねそして、明日も病院のようですが、橘さんにとって楽しいクリスマス、お正月になりますように
こぶくろ
2009/12/24 14:22
いや〜 本当にうれしいです! 術後、コメに返信できるくらいに、復活したんですね。心配で、毎日覗きにきてましたが、コメがアップされていて、本当にうれしかったです!
手術にいたるまでには、それなりに色々な過程があったと思いますが、がんばっている橘さんには勇気をもらえます!!
しかし、まだまだ色々あると思いますし、どうかご自愛ください。
ちなみに、ボルタレンはロキソニンと比べれば強いかもしれませんが、私は以前生理痛の時に服用していました。肝機能に注意していけば、それほど問題は無いと思います。そしてその後麻薬へ行く前にも、オピオイドがあります。担当医と相談して、くれぐれも痛みは我慢しないようにしてください。
桧彩子
2009/12/24 17:23
今日の記事に、上げたのだけど、手探りで階段を、登るようなもの。人生って、そうだよね。
命をかけた、戦いをしてる今、椿ちゃんにとって、まさにその通りだと思う。
あなたを思うと、私は、いつも,泣いてしまうよ。
写真ブログで、十勝の情景をアップしてられる方は、リンクして貰い、あぁ、こんなところに、今、椿が暮らしてるんやな〜って、雪景色を、眺めています。
椿ちゃん、あなたが好きだよ。きっと、きっと、いい結果につながる事、私は、ただ信じて、祈っています。
ちこちこ
URL
2009/12/25 22:35
始めまして。自分は境界性人格障害という病気で4年間闘病しているシンといいます。最初は何で自分だけこんな不幸にならなければいけないのかと嘆いていましたが、こちらのブログを拝見して世の中には色んな病気があってそれでも闘っている人が沢山居るんだと反省させて頂きました。自分も闘病記としてブログを再開しました。内容的には闘病、日々の出来事、ネットビジネスや面白裏情報等自分が前向きになれるようなブログにしていきたいと思います。良かったら遊びに来て下さいね。

http://blog.livedoor.jp/dreamcatchshin-zibunsagashi/

これからも勉強しに訪問させて頂きます。失礼します。
応援ポチ。

シン
URL
2009/12/26 17:16
椿さ〜ん
退院おめでとうございます!!
クリスマスもお正月もご自宅で過ごせるなんて本当に嬉しいですよね。
しかも頭の手術でそんなに早く退院できるものとは!!
コメントまで返してくれるなんて本当に感激ですよ
でも本当に椿さんがお元気そうで安心しました。
これからも経過を見ながらがんばっていきましょうね。

私の方も色々と気になる症状が続いていて…明日は今年最後の外来です。
色々と検査してきます
すっきりして新年を迎えたいものですが…
まき
2009/12/27 11:07
こぶくろさん、
お返事ありがとうございます
毎日見て下さっていたのですね。
本当にご心配お掛けしました
やっぱり自宅は、良いですね〜
骨と頭の痛み。
痛み止めを上手に使って、
楽しいお正月を迎えたいと思います
橘椿
2009/12/27 16:08
桧彩子さんも、
お返事をありがとうございましたこんなにも心配してくれる仲間がいるって、
幸せだな〜とつくづく思います。
次から次へと試練がやって来ますが、
その都度立ち止まりよく考え、先生ともお話しながら治療を続けて行きたいです
橘椿
2009/12/27 16:16
ちこちこ姉様、
応援メッセージありがとうございます。
慌しくも、脳手術して参りました
色々ありますが、結果不幸中の幸いなのだと自分では思っております。
手術出来る場所に腫瘍があって、
ラッキーなのだと・・・
入院したお陰で得たものもありますし
転んでもタダでは起き上がらない。
小さな何かを掴み取りながら、
前に進んで行こうと思います
今後ともよろしくお願い致します。
橘椿
2009/12/27 16:33
シンさん、初めまして。
コメントありがとうございます
色んな病気があるのですね。
長い闘病生活を送りながらも前向きに過ごされているお姿、私も見習わなくては
ブログにも、遊びに行かせて頂きますね。
橘椿
2009/12/27 16:42
まきさん、お返事ありがとうございます
私も頭の手術で、こんなにも早く退院出来るとは思っていなかったのでとても驚いています
人間の身体ってスゴイですよね〜
手術している先生方も、並みの神経ではないのだろうと勝手に思ってみたりしています。

明日は、今年最後の検査の日なのですね。
ご自身気になる症状もあるということですし、
しっかりと調べて来て下さいね
来年が、私達にとって素晴らしい年になりますように・・・
一緒に頑張って行きましょう
橘椿
2009/12/27 16:59
こんばんは〜♪
こちらにお邪魔するのはお久しぶりです(あっ?でもいつも拝見してます☆)
本当に怒涛の1年って感じでしたね…。おまけ編11を読ませてもらったんですが、色んな事があっと言う間に決まってしまった感じで、大変だったのではないかと思います。よくココまで頑張ったよね!
橘さんの脳みそ主治医、とっても素敵な方とお見受けしましたヨ!いわゆる『チャンス』をモノにしたのだから、これからは色んな事がいい方向に行きそうな気がしてます!
今年も橘さんのお人柄あふれるブログにこちらも癒されました
来年も引き続きよろしくお願いします!
どうか、良いお年を♪
ゆき
2009/12/31 18:13
ゆきさん、こんばんは〜
ようこそ来て下さいました
色々とお世話になりっぱなしで、スミマセン
こんな一年があって良いのか
と思うぐらい立て続けに事件が起こりましたから、自分でも振り返って苦笑い。

そうですか
脳外科医師は、素敵な医師ですか。
これから長いお付き合いになるので、自分を曝け出して行こうと思います。
ゆきさんのブログには、私もいつも笑わせて頂いています。今年もどうぞお付き合いの程、よろしくお願いしますね
楽しいお正月をお過ごし下さいませ。
橘椿
2010/01/01 23:14

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
『おまけ編』その10 若年性乳がんのほほん闘病記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる