若年性乳がんのほほん闘病記

アクセスカウンタ

zoom RSS 『おまけ編』その9

<<   作成日時 : 2009/11/15 16:02   >>

トラックバック 0 / コメント 17

三日程前、ついに十勝に冬将軍がやって来た。


画像



二週間程前は、紅葉がとてもキレイだったのに。


画像



落ち葉の中に、なぜかホウズキがコロンと混じっていた。


画像



最近、実家へ帰って初のPET検査があった。
私の方で気になる症状があり、
主治医にPET検査のことを質問してみたが必要無いとのこと。
家族とも相談し合い、再度主治医にお願いしてPET検査に到る。


私の通院する凸凹病院では検査が出来ないので、
お手紙を書いて頂き××病院へ。
札幌の病院から転院する際、今の病院と迷っていた病院。
最終的に乳腺は診ていないということで、今の病院になった訳だが・・・
ホームページを見る限りでは、検査器具が数多く揃っていて
魅力的な病院だったのでとても期待しながらの来院。


PET検査は、今回で二回目。
一度目は、札幌のPET検査専門機関にて。
十勝での検査はお初。
前回と同じような感じだと思っていたが、あまりの違いにビックリ
一見、事務員と間違えるようなベストスーツを着た看護婦さんが現れ、
検査のための注射をしてくれる。
そして、休憩室に案内された。


看護婦:「こちらで、45分ほどゆっくりと休んで下さい」


そう言ってあっさりと立ち去ろうとしたので、慌てて引き止める私。


私:「あの〜、問診は無いのですか?」
看護婦:「え〜、凸凹病院からの紹介ですし特にありませんけど」
私:「そうなんですか。検査着には、いつ着替えるのですか?」
看護婦:「ブラジャーは、していますか?」
私:「いいえ、ブラトップを着ているのでしていません」
看護婦:「スカートにジッパーとかはありますか?」
私:「無いですけど」
看護婦:「それでは、そのままで結構ですよ」
私:「えっっこのまま格好で検査するのですか?」
看護婦:「はい」
私:「帽子は脱いだ方が良いですね?」
看護婦:「カプッと被れる帽子をこちらで用意していますので、今お持ちします」
私:「カプッと被れる帽子なら持って来ているので結構です」
看護婦:「そうですか」
私:「お水は飲まなくても良いのでしょうか?」
看護婦:「どうぞ自由に飲んで下さい」
私:「自由とは、自分でどこかへ行って水を飲むということでしょうか?」
看護婦:「必要であればお持ちしますが」
私:「お願い出来ますか?」
看護婦:「少しお待ち下さい」


数分後、小さなグラスに水を入れて持って来た。
あれっっ、コレだけ
もっと沢山水を飲まないといけないのでは・・・
札幌の検査専門機関との違いに只々驚くばかり。


【札幌】

・ 問診2回(受付女性と医師にそれぞれ)

・ 岩盤浴のような更衣室で検査着にお着替え

・ 近未来的な院内で素晴らしくキレイ、癒しの曲が流れている

・ 冷水と常温水のペットボトル山積みを飲み放題

・ 検査後、約一時間ほどの休憩時間があり、画像の最終チェックをして終了


【十勝】

・ 問診0回

・ 私服のまま検査

・ 期待外れの、簡易パーテーションで区切られたこじんまりとした院内

・ 自らお願いして、やっとの思いでコップ一杯の水

・ 検査が終わり次第帰宅


今回の場合が普通なのか、前回が豪華過ぎたのか
とにかく、先に待遇の良い方を体験してしまっていたので
今回とても雑な扱いを受けたような気がした。
主治医の方で問題が無ければ、次回からは札幌のPET検査機関で
出来ればお願いしたい。


自宅に戻り、検査について家族に話してみた。


母:「検査どうだったの?」
私:「何だか全体的に雑だった」
母:「お値段がその分安いんじゃないの?」
私:「ううん、同じ。三万円」
母:「同じお値段なら、待遇の良い方がいいわね」
私:「PET検査を受けに札幌へ行ったついでに気分転換も出来るしね」
母:「そうそう」


そして一週間後、検査の結果について主治医から説明があった。
画像を見ながら、細かく説明してくれる。


NEW主治医:「それでは、一緒に画像を見て行きましょう」
私:「よろしくお願いします」
NEW主治医:「脳は、PET検査では判断出来ません」
私:「以前もそうでしたね」
NEW主治医:「骨は、少し改善して来ているようです」
私:「良かった〜」
NEW主治医:「肺には、今も水が溜まっていますね」
私:「確か、抗がん剤を変えたら水が無くなるとのことでしたが・・・」
NEW主治医:「それと、肝臓に疑い有りと診断されたようなのですが」
私:「怖いお話ですね
NEW主治医:「あくまでも疑いですから。私が見た限りでは、何ともありませんよ」
私:「・・・」
NEW主治医:「ところで、ご家族は病気のことをどこまでご存知ですか?」
私:「私自身があまり詳しくありませんから、殆どわかっていないと思います。私の知っていることは、母に話していますけど。父には、私が病気になったというだけでショックを受けていますから話していません」
NEW主治医:「たまにお母様がいらっしゃいますが、今度はいついらっしゃいますか?」
私:「母ですか?いつでも来られますけど。来週連れて来た方が良いでしょうか?」
NEW主治医:「そうして下さい」
私:「何だか怖いですね。重大発表をされるようで
NEW主治医:「大丈夫ですよ」


更に一週間後、母と一緒にCT&MRI検査の結果を聞くこととなる。


骨は、特に変わり無し。
肝臓も異常無し。
右肺に溜まった水は、肺水腫という病気らしく以前と変わらずとのこと。
PET検査で判断出来なかった脳腫瘍。
MRI検査の結果、大きくなっているということだった。
脳腫瘍には抗がん剤が効かないので、
放射線治療の効果に期待していたのだが、
一度小さくなり再び大きくなったという。


私:「脳外科で診てもらわなくても良いのですか?」
NEW主治医:「脳の他にも癌があるし、脳手術となれば抗がん剤治療が出来ませんからね。その間に他の癌が大きくなっても困りますから」
私:「そもそも、手術出来る場所に腫瘍があるのでしょうか?」
NEW主治医:「私は専門ではないのでわかりません」
私:「・・・」
NEW主治医:「暫く様子を見ましょう」


次の検査は年明けになる。
かなり先のこと。
脳腫瘍が大きくなるのをただ見ているだけとは
母と私は、不安に包まれながらの帰宅。
どうなってしまうのだろうか。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(17件)

内 容 ニックネーム/日時
橘さん、こんにちは〜〜。十勝は寒そうで、見ているだけで、震え上がってしまいそうです。2週間前の紅葉はとっても美しかったのにね

又、ブログをアップして下さっていて嬉しく思いながら読ませて頂きました。脳以外は、抗がん剤のお陰で良く効いてきているみたいで良かったですでも、やはり抗がん剤は脳には効かないのでしょうか?新薬が出てきたと聞いたのですが…。

脳になら、サイバーナイフやガンマナイフなどあるようですしね。でも年明けの検査だと、ちょっとそのうちにもっと大きくならないか?心配になってきますね、お気持ちわかります。そちらの先生には先生の考えもあるのでしょうが、あまりにも検査の仕方とか十勝と札幌では違うのですね〜。橘さんは2回目だったから、そのように看護師さんに聞くこともできたでしょうが、初めての方なら、どうしたら良いのかわかりませんよね〜。説明不足だし、あんまり丁寧ではないですよね〜。お母様がおっしゃる通り、お値段が安いとかならまだ、納得できますが…。でも、やはり私達にとって検査はとっても重要なことなんですから、安くなくても良いから、キッチリとした検査を受けたいと思いますもんね〜。それだけ不安だし、検査の結果で一喜一憂してしまって当然なんですもんね。

今度から、気分転換も兼ねて、本当にPETなど大切な検査は、大きな病院である札幌に行かれる方が良さそうですね。又、久しぶりにお友達にお会い出来たりもしますしね〜〜来年まで、ちょっと落ち着かないでしょうが、気持ちを明るく持って、橘さん乗り切って下さいね風邪などに充分気を付けて、免疫力を上げて下さいね。
私は、いつでも、いつまでも橘さんの応援団です一緒に頑張っていきましょうね
こぶくろ
2009/11/15 21:12
脳手術をすると抗がん剤が使えないのですか・・・
でも、ある程度体の方が落ち着いてきたら、次は脳腫瘍の治療に進めないのですかね。
お母さまがいらっしゃる時に、相談出来るといいのですが。
NEW先生が脳の事は患者さんにきちんとした解答が出来ないのであれば、脳外科の先生に回して頂いて、心配な事をクリアにして頂く義務があると思います。
不安を持ちながら年末年始を過ごすのは避けたいものですよね
meru
2009/11/16 17:55
▼。・ェ・。▼【コンバンワンワン♪】▼。・ェ・。▼

ついに十勝に冬将軍がやって来たしたか。
二週間程前の紅葉が本当にとてもキレイですね。

PET検査お疲れ様でした。病院によって本当に随分違ってらっしゃるのですね。
次の検査は年明けになるというのも不安ですよね。
今年はまだ一ヶ月半ありますので不安を抱え混まないで医師に御相談なさると良いと思いますよ。
来年が橘さんにとって良い年に成られる様に願っております。
これから益々寒さが厳しく成りますので風邪など引かないようにお身体を暖めて御自愛なさって下さい。
こころ
2009/11/16 20:58
橘椿さん、初めまして。
私は卵巣がんステージ3です。
抗癌剤治療が3月に終わって、今経過観察中です。
現在は千葉に住んでますが、出身が北海道なので、
橘椿さんのブログはこっそり読んでました。

今回PET検査の事が書いてあったので
私も4回、PET検査してます。

北海道の病院の方とほぼ同じ検査です。

着替

医師の問診

注射

冷水・常温のペットボトル1本どちらか
選んで1時間休憩。

PET検査

私も自分の通ってる病院では検査できないので
他の病院へPET検査に行きました。
その病院の施設はすばらしくて、ホテルのようです。

でも、他の同じ病気の方が違う病院の
PET検査で水なんか飲まなかったと
言っていたので、病院によって違うの
かもしれませんね。

橘椿さんのファンですので、ブログの
更新楽しみにしてます。
これから寒くなりますので、風邪など
引きませんようにして下さい。







つぶ
2009/11/17 07:04
こぶくろさん、毎度毎度の応援ありがとうございます。とても心強いです
紅葉を見たのもつかの間、あっという間に雪景色。
十勝の冬は、早いです。
最近、お腹と腰が冷えているのが自分でわかるんです。オヤジっぽいけれど、腹巻をするのがベストでしょうか
十勝へ戻る前にサイバーナイフの治療を既に受けているので、今後どうするのかは先生にお任せになってしまいます。主治医だけでなく、放射線医師にも確認し今後どういった対策をとって下さるのか質問してみますね。
PET検査は、半年ごと。
札幌での検査でも私は一向に構わないんです。
それについても主治医に聞いてみなくては
それにしても、病院によって全く違うものですね〜
来週、まる&コロンが遊びに来てくれるようです。免疫力アップしそう
橘椿
2009/11/17 17:11
meruさん、こんばんは〜
ご心配お掛けしています
脳腫瘍の経過は主治医が診ていますが、脳に対しての治療も出来ないし、手術が出来る場所なのかすらわからない状態。ハッキリ言って頂いている分、まだ良いのかもしれません。
私としては、主治医を信頼はしていますが、脳腫瘍に関してただボーっと来年まで待てないのです。何より心配をずっと引きずるのが苦しいですから
他の医師にも相談して、
何らかの情報を得たいと思います。
橘椿
2009/11/17 17:20
こころさん、
いつもコメントありごとうございます
同じ北海道でも、札幌に比べると雪が積もるのが早い気がします。寒さに弱い方なので、コタツにしがみつく毎日です
PET検査、本当に待遇が違っていて驚きました。やっぱり田舎だから仕方が無いのかな〜と思ってみたりしています。
脳腫瘍に関しては、放射線治療した後一回目の検査で小さくなっていたんです。なのに、今回大きくなったと言われ、「それって再発」と思いどうしたら良いのか慌てふためいて
脳腫瘍を発見したのも、治療したのも、放射線科。経過観察は、外科。まだ一度も脳外科に掛かっていません。それ自体が不安の元でもあります。
心配事を抱えずに年を越したいものです
こころさんも、風邪などひかれませんように温かくなさって下さいね。
橘椿
2009/11/17 17:39
つぶさん、はじめまして
北海道のご出身なのですね。
こっそり読んで下さっていたとは
ありがとうございます。
癌の種類が違っても癌友です。
今後とも、よろしくお願いします
既に4回のPET検査をご経験とのこと。
情報をありがとうございます。
そうですか、ホテルのように綺麗なPET専門病院は待遇が良く、通常の病院ではそこまではしないと思っておいた方が良いのですね。
通院する病院にPET検査の機械が無いので、ある意味検査病院を選ぶことが出来るのではないかと自分なりに解釈しています。
そんなに都合良くはいかないとは思いますが、主治医に確認して可能であれば次回から綺麗な専門施設で検査したいです
風邪対策として、うがい手洗い&消毒。そして、身体を極力冷やさないように注意しています。
つぶさんも、お身体大事になさって下さいね
橘椿
2009/11/17 17:58
橘さん、こんばんは!
ブログの更新、ありがとうございます。

十勝の冬景色を見て、ビックリ!!
ここ横浜もだいぶ寒くなりましたが、やっぱり北海道の冬って、寒そうですね(>_<)

橘さんが納得して治療が受けられるように、セカンドオピニオンをしてみるのも、いいかもしれませんね。
とにかく、私も同病同士として、橘さんを応援しています(*^_^*)

桧彩子
2009/11/18 23:09
桧彩子さん、こんにちは〜
いつも応援ありがとうございます。
横浜のご出身だったのですね。
いいですね、中華街がありますし
中華料理大好きです。
チャイナ服も好きで何着か持っています。
私の中ではお洒落な街という印象があって、また機会があったら遊びに行きたい場所ですね
写真の通り、十勝はすっかり冬に突入しました。脂肪に着膨れが重なって、丸々としております
私の部屋の暖房が故障していて、PCを打つ時使い捨てカイロで手を温めながらの作業。来週修理の方が来てくれるので、それまでの辛抱です。
治療の件、先生方とお話して心配を解消したいですね。セカンドオピニオンについても、考慮したいと思います
橘椿
2009/11/19 15:37
先日、乳がんの告知を受けました。
青森在住です。
4cm位でリンパエコーで二か所
リンパ節が腫れていました。
まだ検査、検査でどうなるのかわかりませんが、
良かったらメールでアドバイスいただけたら・・・
baru
2009/11/22 20:20
baruさん、初めまして
つい最近、乳がん告知を受けられたのですね。
驚きと不安でいっぱいの時期だと思います。
私でお力になれることがあるならば、是非協力させて下さい。メールは、ブログ上のメールフォームから送れますので
それでは、メールお持ちしています
橘椿
2009/11/25 22:58
見ているだけで寒くなる写真ですね〜。
きっと福岡の寒さなんて椿さんにはへのかっぱなんでしょうけど(笑)

PETは私も年1回PETセンターに受けに行きます。
椿さんの言う最初の病院のようにきれいなところですね。
着替えもなし、問診もなし、水もなし!?
そんなに違うんですね〜

脳の腫瘍が大きくなっていたとは
悔しいですよね。
放射線したのに!!
抗がん剤したのに!!
こんなにがんばってるのに!!
でもきっと何かいい治療法があるはず!!
諦めないでいろんなこと試したいですよね。
椿さんの体調の方は大丈夫ですか?

私は放射線肺炎になってしまいました。
椿さんも気をつけてくださいね。

まき
2009/11/27 11:53
まきさん、今晩は〜
すっかり冬模様の十勝です。
コタツや暖房慣れしているので、意外と福岡在住のまきさんの方が寒さにお強いのではないかと予想します
例年、10月〜5月ぐらいは常に暖房が入っている状態ですから
出来ることならば、どうせ検査を受けるなら綺麗な施設で気持ち良く受けたいもの。病院によってあまりにも違っていて衝撃を受けました
再び大きくなってしまった脳腫瘍。
もう、ガックリです。
信じられません
諦めない前向きな姿勢を持続させるためにも、新たなことにチャレンジするつもりです。

お身体大丈夫ですか?
放射線肺炎になられたとのことでしたが・・・
寒くなり風邪もひきやすい季節。
細心の注意を払ってお過ごし下さいね
橘椿
2009/11/27 23:45
椿ちゃんおひさ!
着替えはね、ものすごく大きなバックルのついたべルトとか、チェーンジャラジャラとか出なければ、着替えはいらないの。気分的には、着替えたいけどね。
でも、問診がないって言うのが、何より問題ね。
それと、水は、患者の体を大事に思ってるナースなら、じゃんじゃん飲ませます。(腎臓等の基礎疾患があれば、別だけど、その場合、検査を見送るだろうし)。
椿ちゃんの精神衛生上、体が許すなら、面差は前の病院に行くのもいいかもね。
水は、間違いなく、飲まなければいけないです。
体に入れたもの(検査薬)を、どんどん体外に出すためです。MRIやCTでも、造影剤を使えば、水はどんどん飲むよう指導するのが、常識です。
脳腫瘍は、残念だったけど、不活性化してくれてるかもわからないし、それなら問題はないから、夢を見て、命を楽しんで!応援してます。
ちこちこ
URL
2009/11/29 18:05
ちこちこ姉様、ご無沙汰しておりましたコメントありがとうございます。
着替えの件、参考になります。
そうなのですか〜
着替えなくて良いのは楽なのですが、何となく検査時には検査着に着替えたくなります
やはり、問診や水は必要なのですね。
次回は半年後の検査になると思いますが、その時には主治医にお願いして最初のPET専門機関で検査をお願いしてみます
検査に行った筈なのに、なぜか爽やかな気持ちで帰宅出来ますので。ついでに、友人達とお喋りしたりしてリフレッシュして来れたら最高
私も、姉様を応援しています
橘椿
2009/12/01 01:41
参考になりそうなサイトを見つけましたので、よかったらご覧ください。
乳がん
URL
2010/03/14 21:18

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
『おまけ編』その9 若年性乳がんのほほん闘病記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる