若年性乳がんのほほん闘病記

アクセスカウンタ

zoom RSS 『おまけ編』その8

<<   作成日時 : 2009/10/29 22:31   >>

トラックバック 0 / コメント 10

札幌小旅行も中盤。


私が帰った頃には、母は就寝
そーっと荷物を置いてお風呂に入るとすぐに私も布団の中へ。
翌朝少しお喋りしたものの、母は友人が宿泊先迎えに来て遊びに出掛けた。
私も友人とランチの約束をしていたので、
身支度を済ませ荷物を持っていざ出発
母は二泊、私は一泊の予定だったので
部屋の鍵はフロントに預け歩きで最寄の地下鉄駅まで向かった。
ラッキーなことに一番近い出入り口がエレベーター。
タイヤ付きの旅行鞄でも難なく突き進むことが出来る。


何事も無く、大通り駅に到着。
今回二度目のコインロッカー利用。
やはり通常のロッカーには荷物が入らず、特大ロッカーへ。
待ち合わせのお店に直行。
既に友人は来ており、その後続々と集まった。
美術専門学校時代の仲間達。
当初三人の友人とお子様一名と聞いていたが、
もう一人来てくれた。
個性溢れる会話で大盛り上がり


友人より注文していた帽子を手渡される。
数ヶ月前よりメールでやり取りし、
カタログや見本生地を送ってもらっていた。
早速袋から出してみる。
彼女の帽子の中でもハンチングが特にお気に入り。
ウィッグがピタッと収まって良い具合なのだ。
ちょっと近くに外出したい時など、
眼鏡(コンタクト無し)でも被れるので使い勝手が二重丸。
他の帽子だと、どうしても浮いてしまうので・・・


画像



黒ツイードに、エナメルのパイピング。
サイドには、サイズ調節のベルト付き。
どんな洋服でも合いそう


画像



黒のドレス生地に、手作りのスカーフ生地パイピング。
サイドは、着物生地を使用。
生地が全体的に薄いので、春先まで活躍しそうな一点。


現在、近々行われる個展に向けて秋冬コレクションを製作中。
手作り帽子の店【telcotelco】
私は行けないので、後日カタログを郵送してもらうことに。
楽しいひとときを四時間ほど皆と過ごし、お別れ。


コインロッカーから荷物を取りだすと、舌癌の友人に電話。
そもそも、今回の計画は彼女を基準に設定。
私に会いに、遥々石川県から来てくれた。
彼女の中学時代の友人が、使っていないマンションの一室を貸してくれるらしい。
図々しく私も便乗。
現地まで車で迎えに来てくれるという、至れり尽くせりぶり。
大通り公園付近で拾ってもらう。


黒の大きなワゴン。
彼女の友人が私の荷物を車に積んでくれた。
ピーピーピーと鳴りながら、トランクのドアがゆっくり開く。
個人の車でこういうのを見たことが無く、唖然
スライドドアも自動。
車内に入って、更にビックリ
至る所にテレビが。


画像



数えてみると、10個もある。
これは、スゴイ
思わずカメラで激写。
ご主人の趣味らしい。
マイケル・ジャクソンが大好きで、家も車もマイケルづくしになっているとか・・・
バックミラーまでテレビになっているので、
どうやってバックするのかとても不思議。


大騒ぎしているうちに、マンションに到着。
今回お世話になるマンションの隣の隣に、
舌癌の友人のお友達の実家と本人のお家があった。
自称芸術家で、トールペインティングを習っているとか。
彼女製作のハロウィンかぼちゃがお出迎え。
お友達のパッと見が、
飯島愛と倖田來未の掛け合わせみたいな感じだったので意外。
これまた、個人宅の玄関先にあるなんて驚いた。


画像



夜は、彼女達は中学のクラス会、私は癌友とディナーの予定。
彼女のお友達が、札幌駅まで送ってくれた。


札幌で入院中に知り合った、
同じ歳の胃がんの子とその友人の三人での初の食事会。
一人は病院でしか会ったことが無いので、私服姿が新鮮
彼女のお友達とはメールのやり取りのみで、初対面。
私と同じ乳がんということもあって、話にも熱が入った。
癌治療中の身である私達は、ノンアルコールを注文。
お刺身を頂いて、締めはデザート。
話は尽きないが、23:00頃お開きに。
二人とも年内は休職して、来年から職場に復帰されるらしい。
羨ましいな〜


宿泊するマンションがどの地下鉄駅からも遠く、
タクシーを拾うつもりで歩き続けること約三十分。
札幌の夜は私にはそう寒くは無かったので、そのままマンションまで歩いた。
渡されていたカードキーを使用して中へ入る。
友人から帰りは翌日になると聞いていたが、やはり帰っていない。
2LDKのマンションの一室に自分の荷物を置き、クローゼットにコートを掛ける。
もう一室には、私達のために布団が用意されていたので、
酔っ払って帰って来るであろう友人の分もまとめて布団を敷いた。


友人のお友達宅に便乗させてもらい、友人も留守のまま
真っ先にシャワーを浴びるなんて何だかとてもおかしいけれど、
汗を流して先に休もう。
夜のお出掛けそのものがかなり久しぶりで、早く横になりたかった。
蛇口を捻るが水しか出ない。
その内お湯が出るものと思い、取り合えず顔を洗った。
いくら待っても水のまま。
数ヶ月前の一人暮らしの頃を思い出し、ガスを点ける事に気付いた。
運転モードボタンを押し、再びユニットバスへ。
しかし、それでも水のまま。
何が足りないのか確認するべく、またもやユーティリティーへ。
ガスの元栓が締まっていることに気付く。
勢い良く蛇口を捻ると、やっとお湯が出て来た。
何やってるんだろ、私・・・


時計を見ると、深夜1:00を過ぎ。
お先に、眠りの世界へ。


朝になり、友人が隣で寝ていることを確認し起き上がる。
それに気付いた友人も間もなく起きた。
お互い布団に入ったままお喋り。
気付いたら二時間経過


友人:「私、Jちゃんにネイルしてもらうことになっているんだけど、橘ちゃんもしてみない?」
私:「初めて会った時から、Jちゃんの爪気になっていたんだ〜。私も病気になって手術する前は、ずっとジェルネイルしていたんだよ」
友人:「そうなの?ネイルのイメージ無かったよ」
私:「30歳になった記念にネイルして、それからずっと。入院する時も、お直ししようとしていたぐらい。主治医に聞いたら取るように言われて、それからは自然のまま。爪で健康管理するらしいよ」
友人:「そうなんだ〜。それじゃ、Jちゃんにネイルお願いしてみる?」
私:「お願いしようかな。楽しみだな〜」


彼女のお友達Jちゃんが、パルコ前まで送り届けてくれる。
よく聞けば、ネイルの学校に通い1級の資格を取得。
ショップを開くつもりでいたが色々あって、
現在は趣味でお友達にネイルしているとか。
彼女自身の爪は、かなり凝っていた。
カメラに収めるべきだったと今更ながら後悔


私達は一日中、食事をしたりお茶をしたりながら喋り続けた。
話題の中心は、やはり病気のこと。
彼女は、放射線&抗がん剤治療で癌が消え今は無治療。
リンパ節に転移は無かったらしいが、安心はしていないとのこと。
来月からアルバイトを始めるらしい。
私は、札幌を引き上げ実家から通院でエンドレスの抗がん剤治療。
衣替えの時、夏服に来年も腕を通すことが出来るか不安になったことを伝えた。
最近考えている、携帯電話の機種変更。
こちらは、二年契約で機種代金を支払うというもの。
自分が後どの位生きられるかわからないので、燻っていることも話す。
彼女も同じ思いだったようだ。


夕食は、彼女の大好きなお寿司。
週に二回は、お寿司屋さんへ行くそうな。
放射線の後遺症で唾液が出ず食べづらいのに、
彼女なりにコツをつかみ上手に食べていた。
自虐ネタで大笑いする明るい友人。
ここまでになるには、かなり大変だっただろうと察する。
Jちゃんに、今晩私のネイルをお願いすることになっており、
急いでタクシーでマンションへ戻った。


マンションに到着するとJちゃんに電話。
大きな道具箱を持参して現れた。
私達にはそれぞれ希望があり、
お友達に伝えてあったのだが無理とのこと


友達    黒地のハロウィン or マイケル・ジャクソン
私      表情を変えて全ての指をカエルに


ネイル雑誌を渡され、そこからセレクト。
沢山のデザインが溢れていて目移りしてしまうほど。
私達は、お喋りが止まらず
デザインも決まらないまま深夜1:00。
作業時間は、一人三時間ほど掛かるので本日は私のみ。
翌日、私が立ち去った後、友人がネイルしてもらうことになっていた。
終了したのは朝方4:00過ぎ。
病気になってから初のネイルで、指先のお洒落を楽しめる
彼女達のお陰。


友人:「橘ちゃん、爪大きいね」
私:「そうかな〜?」


比べてみると、私の小指の爪と友人の薬指の爪の大きさと同じだった。
自分では、あまり気にしたことがなく再発見。


Jちゃんはアクリルネイルをしているが、
こちらだと自分では除去出来ないのでネイルサロンに行かなくてはならない。
お金と手間が掛かる。
そんな配慮から、自分でも取れるようにと
マニュキアでサロンに行ったような気分にさせてくれた。
お花を3Dで作り、カラフルなストーンをあしらう。
トップコートを最後にコーティング。
キューティクルオイルを爪の根元にすり込んで完成
見た目は、ジェルネイルとそんなに変わりは無い。
爪の厚さが薄いので、指先の自由も奪われないしかえって良いかも


画像



三時間の睡眠後、シャワーを浴びて彼女達とお別れ。
Jちゃんが、私を例のゴージャスワゴンで札幌駅まで送ってくれた。
何から何まで感謝の連続。


友人:「今回、会えて嬉しかった。本当に会えて良かったよ


泣きながら彼女がそう言って、私も思わず涙が溢れる。
札幌駅北口前で泣きながら抱き合う二人。
初のシチュエーション。
周囲の目など、気にならなかった。


私:「今回はありがとう。私もそちらに遊びに行くからね。」
友人:「また、遊びに来るよ」


彼女が送ってくれたディズニーランドのチケットで、
先月家族旅行を楽しむことが出来た。
そして、今月彼女自身が北海道へ会いに来てくれた。
最高の思い出。
頬まで流れた涙を拭いながら、札幌駅内へ。


今回、三回目のコインロッカー利用。
荷物を入れて、地下鉄で大通り駅へ移動。
中学時代からの友人で職場も一緒だった子と元同僚とのランチ。
待ち合わせのペコ前は、道銀ATM前と変わっていた。
十勝へ帰る前、不二家がヤマザキになると聞いていたが・・・


お洒落なオーガニック店を友人がセレクト。
有機野菜を使ったお料理で身体に良さそう。
お喋りしながら順次頂く。
久しぶりに会った友人達は、すっかり雰囲気が変わっていた。
ヘアスタイル?お洒落のし方?何だろう??
話を聞いて納得。
彼女達は、日々の忙しさをリセットするように
休日はアウトドアを満喫しているとのこと。
以前では、とても考えられない。
水泳・ダイビング・ゴルフなど・・・
休日の過ごし方で、外見までも変われるのだと驚いた。
輝いている彼女達を前に、自分が恥ずかしくなる。
私は、何をやっているのだろうと。


今回来れなかった友人より、預かって来た物を手渡された。
十勝のオーガニックフレンチ料理人について書かれた一枚の紙。
まずは、コンタクトをとってみよう。
そして、友人を十勝に招こう。


この度の小旅行で、思ったこと。
『友達の友達=友達』なのだ。
これまで、私の中では『友達の友達≠友達』という風に結論付けて来た。
頭の固い私は、病気にならなかったら一生わからなかったかもしれない。
これからも、友達の輪が広がり続けると信じて、
小さな一歩を踏み出そうと思う

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
☆;:*:;☆;:*コン(★ゝω・)人(・ω・★)ニチハ*:;☆;:*:;☆
札幌小旅行中盤のご報告とっても楽しいお姿を拝見させて頂きました。
この度の小旅行で『友達の友達=友達』と思われて凄く良い経験をされましたね。
病気になられてから初のネイルをされたのですね。
とっても洒落で綺麗ですよ。
また友人の黒の大きなワゴンの車内の凄さには本当にビックリですね。これもまた良い経験でしたね。
『小さな一歩を踏み出そう』ですか。
本当に素敵な旅でしたね。お疲れ様でした。

こころ
2009/10/30 10:19
橘さん、おはよう
読んですごく感動しました。
いろんな思いを感じた札幌旅行だったのですね。
橘さんのお友達はみんな個性的で、魅力的なので読むのが楽しいです。
ハンチングかわいいですね
それから、ネイルも・・・。私も治療以来ずっとサロンに行っていないので羨ましいです!
全部の指をカエルにという発想好きです 笑さすが橘さん。
十勝、私も行ってみたいです。
この間、「旅」という雑誌を図書館で見ていたら、十勝特集がありました。あー、橘さんはこういう場所に住んでいるんだなーと綺麗な写真に見入ってしまいましたよ。
りら
2009/10/30 10:32
橘さん、こんにちは〜。またまた札幌への小旅行への続編を楽しく読ませて頂き嬉しかったです。大勢のお友達や、病名こそは違うけど「癌友」と一緒に、お互い抱いてた苦悩とか吐き出せ、同じ思いを共感できるお友達と語り合えるひと時を持てた事良かったです。
今回のブログからも、橘さんの素敵なお人柄が良くわかりました(~o~)

手作りのハンチング帽子とっても可愛いです〜。きっと、橘さんにお似合いになることでしょうね〜♪お友達の橘さんへの愛情が一杯詰まった帽子ですね(^^♪

爪も凄く素敵にしていただいたのですね〜〜。(カエルよりもずっとずっと素敵だと思いますよ〜〜(^.^)
やっぱりプロがしてくれるのは、素人と違い全然違いますね〜。本当にとっても可愛い♪

楽しい小旅行になって本当に良かったですね(*^^)v
来年も、再来年も、そしてずっとずっと、今回のようにお友達に絶対会えますよ
エンドレスの治療になるかもわからないけれど、私の主治医先生は、「糖尿病や透析をしてる患者さんのように気楽に考えて欲しい」と言われます。上手く共存出来たらそれで良いではありませんか衣替えの時、来年は着れるかな〜?なんて寂しい事は言わないで医学は日進月歩ですきっとそのうちに、新薬が又見つかり一発で治せる時が来るかもしれません。イヤ、きっとそうなる事を信じて、頑張っていきましょうね十勝の方はもうずいぶん寒いのではないですか?どうぞお風邪には気を付けて下さいね
こぶくろ
2009/10/30 17:47
こころさん、こんばんは〜
一度に一週間の出来事を書くことが出来ず、二話になってしまいました
読んで下さりありがとうございます。
三十代中、生まれて初めて『友達の友達=友達』だと思えたことはかけがえの無い気付きだと思いました。
今回の旅行で友達が二人出来たこと、嬉しかったです
病気が発覚してから指先のお洒落がすっかりご無沙汰になっていましたが、ひょんなことからネイルしてもらい良い気分転換になりました。
ネイルサロン通いは今の私には贅沢ですが、マニキュアでもここまで出来るのだとビックリプロには敵いませんが、治療と治療の合間などに自分でも挑戦出来るのではないかと希望を持てました。
諦めることが多かった近頃。こんな気持ちにさせてくれた友達に感謝しています
橘椿
2009/10/30 23:15
りらさん、こんばんは東京旅行に引き続き、激しく動いてしまいました。
大変でしたが得るものが多く、無理をしてでも行って良かったと思っています。
ブログに書き出してみると、何だか個性的な人の集まりみたいになってしまいましたね〜
手紙とメールのやり取りだけだったのですが、ハンチング二点が完成。仕上がりも良くて大満足
特に、ネイルまでしてもらえるとは思わず喜びも倍指先をキレイにすると、不思議と楽しい気分になれますね。
友達より、トールペイントの他、羊毛フェルトという雑貨作製を次回習う約束をしました。
今から楽しみです
十勝を本で読んで下さったのですね
ありがとうございます。機会がある時、是非いらして下さい。
一緒に美味しい物を食べ歩きしたり、美しい景色を眺めたりしましょうよ。りらさんとなら、術後初の温泉にもチャレンジ出来そうな気がします
橘椿
2009/10/30 23:55
こぶくろさん、いつもいつも応援コメントありがとうございます
仰る通り、病名の違う癌友達との情報交換はとてもためになりました。お互い励まし合うことも出来ましたし、心強かったですね。
友人の手作り帽子早速被ってみましたが、通常の物より深めでウィッグがしっかり止まるので安心して着用出来ました。日に日に腕を上げる友人。秋冬カタログが届く日が待ち遠しいです
ネイルは、マニキュアなのに素晴らしい出来で見惚れてしまうほど。三日で取れると聞いていましたが、意外と長持ちしています。
病院でも採血の時、看護婦さん達からチェックされてしまいました。やっぱり女性ですね
前に進もうとする癌友の姿、今も変わらず走り続ける友人達の姿。私も頑張らねば
早いもので、もう少しで11月。行動のスタート月となるよう努力したいと思っています。
こぶくろさんも、お風邪をひかれませんように・・・
私も、うがい手洗い必須、なるべく温かい物を口にするよう心掛けますね
橘椿
2009/10/31 00:28
椿さんこんにちわ♪

友達の友達は皆友達だぁ
もちろん誰とでもその方程式がなりたつわけではないですけどね。
私も実際に友達の友達と仲良くなり、今ではその間の友達を通り越して強い絆で結びついていたりするお友達がいます。

ネイル素敵ですね!!
私は指が太いんでネイルなんてできる素敵な女性らしい手に憧れます。
今は抗がん剤でぼこぼこになってしまった爪を隠すべくマニキュアは塗っていますが、最近爪がもろくなってしまいました。

私も携帯の機種変更に悩んでいましたよ〜。
今は2年契約ですからね〜
この4月に「絶対に2年後機種変更してやる!!」と強く心に思い機種変更したとこを思い出します。
椿さんもその心意気で
まき
2009/11/04 12:26
まきさん、こんばんは〜
友達を通り越して、絆の深い友達の友達がいらっしゃるとか。そういった関係が築けるものなのですね
ネイル、お褒め頂きまして恐縮です。
足の爪は真っ黒で、且つ、剥がれて来ているのですが(人差し指の爪は、両方共剥がれ済み)、手に関しては爪の表面がガタついているだけなんです。
ネイルを何度か重ね塗りしてお花をあしらうと、上手く隠れてくれました
普段は磨くだけで何にもつけていませんが、たまの気分転換に良い気がします。

まきさんも、携帯の機種変更迷われたのですね。
普通ならば二年後の心配をする年頃では無いのですが、がん患者になってしまいましたから主治医に余命を聞いてからにしようかとか、色々考えちゃって・・・
先生に携帯の話を持ち出したら何と思われるかわかりませんが、質問してみようと思います
橘椿
2009/11/04 22:17
初めまして。滋賀のひまわりと申します。私も2007年11月に手術した為、手術日が近い事もあって、ブログはよく見させて頂いておりました。
とても 楽しく見ていてもほっこりします。また、遊びに来させて下さいね。
ひまわり
2009/11/09 22:00
ひまわりさん、初めまして
以前から読んで下さっていたのですね。
ありがとうございます。
同じ病気でも、共通点が多いと何だか親近感が湧くものですよね
現在はたまにの更新になりますが、是非ともまた遊びにいらして下さい。
長い闘いですが、共に頑張って行きましょうね
橘椿
2009/11/10 23:50

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
『おまけ編』その8 若年性乳がんのほほん闘病記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる